背中の黒ニキビが臭い!治し方や芯の取り方は?粉瘤との違いについても!

肌トラブル

女性の肌の悩みの多くは、ニキビだという方は多いのではないでしょうか。

ニキビでも赤ニキビや白ニキビなど種類があり、できやすい箇所は人によってそれぞれだと思います。

今回は、ニキビの中でも『背中の黒ニキビ』で悩んでいる方に向けてまとめてみました。

背中の黒ニキビの臭いが気になる方はいませんか?

粉瘤との違いや黒ニキビの治し方、芯の取り方について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

背中の黒ニキビの原因は?

背中に黒ニキビができる原因には3つあるそうです。

 

1:背中は手足の10倍汗をかいてしまうから。

背中の汗というのは内臓の体温調節を背負っており、能動汗腺と呼ばれる汗腺が多くあるため、大量の汗をかいてしまうようです。

その汗を拭き取らず放置すると、蒸れて皮脂が毛穴に詰まります。

 

2:皮脂の分泌量が多いから。

背中は顔の次に分泌量が多く、顔と比べるとどうしても洗いにくい部分ということもあり、皮脂が毛穴に詰まりやすくなっているそうです。

 

3:外部刺激が多いから

服を脱ぎ着したり、背中を洗う時にゴシゴシ擦ってしまいがちなところもあり、数々の刺激が多い箇所だと思います。

そして夏場などの紫外線による刺激も考えられます。

普段から背中まで日焼け止めを塗る方は少ないのかなと思います。

 

この3つのことが主な原因で、背中に黒ニキビができてしまうというわけです。

 

スポンサーリンク

 

黒ニキビが臭うって本当??粉瘤との違いは?

黒ニキビは実はほとんど臭いません。

もし臭うと感じたらそれは【粉瘤】の可能性があります。

 

粉瘤は、垢や皮脂などの老廃物が皮膚の下に溜まることによりできる陽性腫瘍です。

粉瘤を発症すると、ニキビのように膨らみが見られることが多く、指で潰して押し出すと白または黄色っぽい色の粥状(ジュクジョウ)の内容物がでてきてしまいます。

この粥状の内容物が不快な臭いの原因なのです。

 

見た目はニキビのように膨らみがあることによって黒ニキビと間違えやすいようですね。

粉瘤の場合決して自分で潰してはいけません。

自分の手で押し出しても何度でも再発してしまい、殺菌の感染が助長して炎症をひどくしてしまう場合もあるため、必ず医療機関で手術による根治療法を受けることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

黒ニキビの治し方は??芯の取り方は??

やはり背中は丁寧に洗うことができないため、ニキビを悪化させてしまうので、まずは背中の汚れをキチンと落とすことを考えましょう。

 

入浴時やさしく泡だけで洗って下さい。

その後しっかり保湿して下さい。

油成分のないボディークリームを塗るなどすると良いでしょう。

そして、内側からはビタミンB2やビタミンB6などが入ったサプリメントを服用すると予防効果もあります。

 

そして、もう一つの治し方としては、芯を取るということです。

基本的には、芯を取る方法はお勧めをしていないみたいですが、なかなか治らない「直径2mm以上の黒ニキビ」の場合、芯を取る方法を選んでいる方も中にはいらっしゃいます。

方法は、面皰圧出器という道具を使って黒ニキビの芯を取ります。

 

取り方を詳しくわかる動画を貼っておきますので参考にしてみて下さい↓

ニキビ圧出 品川美容外科 渋谷院 和田哲行

出典:哲行和田

 

背中ニキビでお悩みの方はこちらの商品も注目です↓

ルフィーナ

 

まとめ

背中の黒ニキビの予防法としては…

  • 泡で優しく擦らずに洗い、その後きちんと保湿を忘れない
  • 汗をかいた時、小まめに清潔なタオルなどで拭き取る
  • 背中にも日焼け止めなどを塗り紫外線から守る

 

背中に黒ニキビができてしまったら…

  • 自分の指で潰してはダメ
  • ビタミンを摂取する
  • 面皰圧出器という器具を使って芯を取る

 

背中の黒ニキビはいつの間にかできてしまっていることが多いようです。

やはり黒ニキビができないように予防が大切だと思いました。

もしできてしまったとしてもそれぞれに合った解決法があると思うので、無理に潰したり悩んだりせず治るよう頑張りましょうね。

でも、中々治らなかったり、悪化していく場合は医療機関で一度診てもらった方が安心かと思います。

読んで頂きありがとうございました。

 

あなたをもっとキレイにする当サイト厳選コスメはこちら

あなたにぴったりの下地が見つかる♪

参考⇒美容マニアも大絶賛!最強4下地を悩み別にランキングしてみた!

 

コメント